各種関連情報 > 経理関係 > 各種仕訳関係 > 売上、受取手形、売掛金の仕訳

売上、受取手形、売掛金の仕訳

作成日:平成24年7月11日


商品を税込1,050円で販売した(3分法)

①掛で販売した場合(税込経理)
(売掛金)1,050   (売上高)1,050

②受取手形で販売した場合(税込経理)
(受取手形)1,050  (売上高)1,050

③現金で販売した場合(税込経理)
(現金)1,050    (売上高)1,050

④売掛金で販売の場合(税抜経理)
(売掛金)1,050   (売上高)1,000
(仮受消費税)50


売掛金が決済された

①受取手形を受け取った場合
(受取手形)1,050  (売掛金)1,050

②預金で入金された場合
(預金)1,050    (売掛金)1,050

③現金を受け取った場合
(現金)1,050    (売掛金)1,050


受取手形を取立て等した

①支払期日以後に取立てした場合
(預金)1,050    (受取手形)1,050

②支払期日前に割引した場合
(預金)950     (受取手形)1,050
(手形売却損)100
(割引義務見返)1,050(割引義務)1,050
  ⇒手形売却損100は金融機関に支払った割引料
  ⇒「割引義務見返」及び「割引義務」は不渡りになった場合の遡及義務

③期日前に裏書した場合(買掛金を支払い)
(買掛金)1,050   (受取手形)1,050
(裏書義務見返)1,050(裏書義務)1,050
  ⇒「裏書義務見返」及び「裏書義務」は不渡りになった場合の遡及義務

④割引又は裏書をした場合で、不渡りの危険性が高い場合
(保証債務費用)200 (保証債務)200
  ⇒保証債務200は不渡りとなるリスクの時価

⑤割引又は裏書された手形が無事に決済された場合
(割引義務)1,050  (割引義務見返)1,050
(裏書義務)1,050  (裏書義務見返)1,050
(保証債務)200   (保証債務取崩益)200


※注意※
 作成日現在の法令等に基づいて作成しております。
 各制度の趣旨を分かりやすく解説することを目的に作成しておりますので、細かい論点や改正点を全て網羅しているわけではありません。
 情報をご利用の際には必ず原典等を調べ、各人の責任にてご利用くださいますようにお願い致します。
 なお、トップページのメールフォームからは無料で個別の相談に応じておりますので、ご利用ください。

 →ご相談はこちら