各種関連情報 > 税務関係 > 所得税 > 所得の種類 > 事業所得

事業所得

作成日:平成24年2月1日

 事業所得には、
  農業、漁業、製造業、卸売業、小売業、サービス業・・・
 様々な事業による所得が該当します。

 しかし、
  ①対価を得て
  ②継続的に行う
 というのがポイントになってきます。
 事業所得は赤字の場合、給与所得と損益通算することもできるのですが、上記①②の要件に該当していなければ、認められない可能性があります。


事業所得の計算式

総収入金額−必要経費=事業所得の金額

 必要経費としては、

  • 売上原価
  • 人件費
  • 家賃
  • 減価償却費

 等が該当します。

 また、必要経費の特例として

  • 家内労働者等の特例
  • 事業に専ら従事する親族の特例(青色申告
  • 事業に専ら従事する親族の特例(白色申告)

 があります。


※注意※
 作成日現在の法令等に基づいて作成しております。
 各制度の趣旨を分かりやすく解説することを目的に作成しておりますので、細かい論点や改正点を全て網羅しているわけではありません。
 情報をご利用の際には必ず原典等を調べ、各人の責任にてご利用くださいますようにお願い致します。
 なお、トップページのメールフォームからは無料で個別の相談に応じておりますので、ご利用ください。

 →ご相談はこちら