各種関連情報 > 税務関係 > 所得税 > 所得の種類 >
 不動産所得に関する「お尋ね」文書

不動産所得に関する「お尋ね」文書

作成日:平成25年9月10日

 東京国税局は2013年7月以降、不動産所得の申告者に対して、「決算書(収支内訳書)の内容についてのお尋ね」の送付を行っています。

 この文書は、実地調査を行わずに自発的に適正な申告を促すことを目的に送付されています。

 背景には、不動産所得に申告に関して、以下のような誤りが多くみられたことがあります。

  1. 収入金額に、賃貸料は計上されているが、礼金が計上されていない
  2. 必要経費に、自宅分の固定資産税・借入金利子が計上されてしまっている
  3. 必要経費に、借入金の元本返済額が計上されてしまっている


 「お尋ね」には、

  1. 収入の内訳
  2. 租税公課の内訳
  3. 修繕費の内訳
  4. 借入金利子の内訳
  5. その他の経費の内訳
  6. 雑費の内訳
  7. 減価償却費
に関する事項が記載されています。

 指定された事項に回答するとともに、従来の申告の誤りについて修正申告をすることが必要です。


※注意※
 作成日現在の法令等に基づいて作成しております。
 各制度の趣旨を分かりやすく解説することを目的に作成しておりますので、細かい論点や改正点を全て網羅しているわけではありません。
 情報をご利用の際には必ず原典等を調べ、各人の責任にてご利用くださいますようにお願い致します。
 なお、トップページのメールフォームからは無料で個別の相談に応じておりますので、ご利用ください。

 →ご相談はこちら